「第2回KOBE裕次郎映画祭」上映作品とイベント詳細が決定

日刊スポーツは2017年5月12日~14日の3日間、神戸市須磨区で生まれた石原裕次郎さんをフィーチャーした「第2回KOBE裕次郎映画祭」を神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59)で開催します。裕次郎さんの名作を通じて、ファンの皆様には思い出に浸っていただきます。
また今年は神戸開港150年にあたり、映画祭のテーマも「港・海」として、裕次郎さん主演映画の中から作品投票を実施。その結果、「泣かせるぜ」(1965年)が1位を獲得しました。裕次郎さんと新人渡哲也の大型コンビが躍動するアクション大作です。2位「夜霧のブルース」、3位「鷲と鷹」、4位「太平洋ひとりぼっち」と、前夜祭として全編、地元神戸が舞台の「赤い波止場」を上映します。
◇主催 日刊スポーツ新聞西日本
◇後援 石原プロモーション、神戸開港150年記念事業実行委員会、朝日新聞社、朝日放送、神戸フィルムオフィス、FMCOCOLO他
◇特別協賛 宝酒造株式会社
【公式サイト】http://www.kobeyujiro.com/
【プログラム】
◇前夜祭(12日)
18時 開場
19時 映画「赤い波止場」(58年、全編神戸=100分)
◇初日(13日)
11時 開場
12時 オープニング演奏・須磨学園高校吹奏楽部
12時30分 映画「鷲と鷹」(57年、ファン投票3位=115分)
15時 映画「夜霧のブルース」(63年、同2位=104分)
◇2日目(14日)
11時 開場
12時 映画「太平洋ひとりぼっち」(63年、同4位=97分)
14時30分 映画「泣かせるぜ」(65年、同1位=94分)
※ファン投票は今年の映画祭のテーマ「港・海」に関連する作品群から選考。
【チケット】前夜祭券1500円、1日券3000円、2日券5500円
※すべておみやげ付き(1日券でも2日券でも1つとなります)
【会場展示】(3日間)
◇「とびきり上等な裕次郎Bar」(松竹梅など無料提供)
◇「裕次郎出演作品パネル展」(会場ロビー展示)
◇「物販コーナー」(小樽裕次郎記念館から出張特別販売)